ホッピー英会話: Please(プリーズ)の魔法

海外などでレストランで注文する際、つい「ウォーター」とか「ビアー」とかだけ言っていませんか?もちろん伝わるのですが、結構ぶっきらぼうに聞こえます。日本でもレストランで「水。」だけ店員さんに言うとちょっと感じ悪いですよね?

誰でも知っている英単語「Please」。この一言がつくだけで印象がグンと違います!

たとえば水を頼みたいとき、
「May I have a glass of water, please?」
(お水、お願いします)

長々英語が苦手な人は、
「Water, please」
だけでも十分!

『以上ですか?』などと注文確認された時も、「Yes」にプリーズを付けるだけで、とてもマナー良く聞こえます。
「Yes, please」
(はい、それでお願いします)

同じように、タクシーに乗った時も
「JFK, please」
(JFK空港まで、お願いします)

「Please」と「Thank you」は、万国共通で魔法の言葉です⭐️