RAW FOODがくる?

【ベジタリアン、ヴィーガンのお次は・・・「RAW FOOD」】

最近、ニューヨークで市民権を得つつある新しい食のスタイル、「RAW(ロー)」。

Raw Foodとは、酵素を含む食べ物を多く摂取すれば体に良い効果があると考え、加工されていない生の食材を用いた食品や食材を極力、生で摂取する食生活(ローフーディズム)のこと。

生であれば動物の肉など動物性食品だってOK。

加熱によって失われがちな酵素やビタミン、ミネラルなどを効率よく摂取することが目的で、酵素が破壊されないとされる摂氏48度以下でならば加熱してもかまわないと考える人もいます。

健康という理由はもちろんですが、加熱していないという点で、夏場はとくに喜ばれそうなチョイスでもありますね。

【To Cook or Not To Cook? Raw Food for Summer: Hawaiian Raw Food is about to crush into NYC】
We can see a huge trend in New York of raw food in the dining scene. Eat raw veggies, fruits, nuts, fish, and even meat because heat damages foods' nutritional value and breaks down enzymes. You might want to try it out during the hot and humid summer to get in shape for the beach! Ever try the Hawaiian raw dish, Poké? It goes great with the healthy, non-alcoholic beer, Hoppy!