Did you know? Names of Two Lions at the library

Besides the Statue of Liberty, NYC has many iconic monuments, like the two lions - "Patience" and "Fortitude" found at the New York Public Library at Bryant Park. During the 1930s, Mayor Fiorello LaGuardia named them Patience and Fortitude for the qualities he felt New Yorkers would need to survive the economic depression. These names have withstood the test of time. Patience still guards the south side of the library's steps, and Fortitude sits, unwavering, to the north.

自由の女神だけじゃない、ニューヨークの顔。図書館のあの有名な二頭のライオンの名前は?

毎年この季節は市内のパークに露天商が立ち並び、ホリデーショッピングをする人々で賑わいますが、ミッドタウンのオアシス、ブライアントパークのそれが一味違うのは、スケートリンクや名建築のニューヨーク市立図書館があるからかもしれません。さて、同図書館の「顔」といえば、入り口に鎮座する二頭のライオン像。1930年の世界恐慌の際、ニューヨークを立て直すのに市民に必要なのは「Patience(忍耐)」と「Fortitude(不屈の精神)」だと市長が訴えたことを由来に、この二頭もその名をもらったそうです。ちなみに、図書館を目の前にして右側が「Patience」で左側が「Fortitude」。あなたはどちらのライオン君が好きですか?次回図書館を通る際、見比べて見てください。