Yoko Ono: One Woman Show 1960-1971

今年82歳になってもなおエネルギッシュに活動を続けるオノヨーコがニューヨーク近代美術館MoMAで回顧展を開催中。ジョン・レノンと結婚しビートルズを解散させた女性として世界に知られることになった彼女だが、実はジョンと出会う前から前衛芸術家として評価されてきた人物でもある。ジョンが展示品のりんごをかじったことでも有名な「APPLE」を初め、今回はこれまでの作品から100 点以上を展示。彼女の作品の一つに、天井に書かれた小さな文字を虫眼鏡で覗いててみる、というものがあった。そこで見つけた"YES"の三文字に、ジョンは心を掴まれた。

Yoko Ono: One Woman Show 1960-1971

Yoko Ono, the legendary woman best-known as John Lennon’s widow, is also a historically important artist. From this May through September, Moma showcases more than 100 pieces of her vintage works, including the famous “APPLE” piece, and highlights her artistic genius. She has been infamously blamed for breaking up The Beatles, but not many people know that she made John Lennon fall in love with her through one of her art pieces — small letters on the ceiling only visible by climbing a ladder with a magnifying glass, “YES”.